読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破棄された論文の束

権利関係がよくわからなくなってきた

ベリリウムの話

f:id:atthug:20170326024926j:image

最近になってカインの金属部分がベリリウム銅で構成されてるという内容に改稿されましたが、色々他にもベリリウムが使われてるものがあったので何かベリリウム銅がSCP的に何らかの意味がある金属なんじゃないかと思って色々調べてみました。ちなみにトップの画像はバリウム(Ba)です。関係ねえ。

一覧(ベリリウム要素のある)、それぞれ、使われ方、総括、の節で構成してます。

 

一覧
SCP-073(カイン)
SCP-1216(ピラミ)
SCP-1348(至聖所)
SCP-1427(意識剥奪の石碑)
SCP-1564(涅槃の後)
SCP-2481(大羿射日)
SCP-2711(如意金箍棒)
SCP-2847(大禹、偉大にして不死なる王)
スクラントン現実錨
ちなみにこの一覧はサイト内検索で「ベリリウム」って検索してかき集めました。ので関係性はバラバラだと思います。本当は2000もヒットしたんですけど、2000の記事内にスクラントン現実錨の説明があって、これ自体は2000防衛のために置かれてるので2000は除きました。一応本家でも「beryllium」と検索しましたが、番号自体は変わらずでディスカッションがいくつか多く引っかかるくらいでした。そのうちやる気があったらディスカの当該書き込みも訳すかも知れません。

 

それぞれ
SCP-073(カイン)

SCP-073はアラビアか中東のとても日焼けした30代前半の男性のような姿をしており、身長185cm(6'1")、体重75kg(165 lbs)で黒髪の青い瞳をしています。

両腕、両足、脊柱、両肩甲骨は当初、未知の金属と言われて居ましたが最近になってベリリウム銅で構成されているとわかりました。メタ的に言うと最近になって金属がベリリウム製だと分かったよという追記がされました。旧約聖書カインとアベル」のカインと目される中東風の人物で、聖書の通り反射能力、腐食を持ち、ついでに完全記憶能力も持ってます。カインは弟のアベルをぶっ殺したので神に呪われ、なんか地面の作物を食べることはできないよ、でもみんなに殺されたりするのはアレだからカインに攻撃すると7倍くらいで傷を負うで、みたいな感じのことがありました。旧約聖書に。本記事ではそんなこと書いてませんが。とあるtaleではCotBGの創設者でMEKHANEにも関わりがあると言われてます。まあ別世界線なんですけどね。うまくリンクが貼れないので再構成されし者でググってください。だからなんだよ所詮taleだろと思うかも知れませんが書いてるのがMrWrongさんなのでマジでそういう設定をなんか、こう、良い感じにしてくれるかもしれませんね。

SCP-1216(ピラミ)

SCP-1216は、マサチューセッツ州レノックスに隣接する異次元空間を原産地とするピラミッド形生命体の種です。

ピラミッド型実体の頭に付いた触覚の先に付いてる金属球(?)がベリリウム銅。
金属廃材が集まる場所に出現して近くの物を吸い込む穴(-4)が吸い込んだ物のうち、金属だけ吐き出される異次元空間(-2)があり、そこに住むピラミッド上の生物がひたすら金属を食っていく。異次元空間には固定されたマサチューセッツ州レノックスに存在するポータルの(-1)からも行ける…というか-1は自然地震の時に存在が発見され、それ以後-4が各地に発生するようになりました。

SCP-1348(至聖所)

SCP-1348はエッドゥルーズ山地のシリア・アラブ共和国エル・タバクから81kmに所在する洞穴を改造した施設です。

至聖所自体の説明がウルトラめんどくさいのでアニヲタwikiさんのを読んで欲しいんですが(超わかりやすいです)、SCP-1348/SCP-1427 - アニヲタWiki(仮) | @wikiザックリ言うと
古代の地球にいくつかのエロヒムと言われる神格が居て、そいつらが作ったヒトの亜種(ビッグフットではない)が文明を築いていて、今のヒト(ホモサピ)を奴隷化していたんですが、エロヒムの中の一柱たるyehomさんが裏切って他のヒト亜種は滅びエロヒムもどひゃーっとなってホモサピが天下を取る。みたいなことがあり、その後yehomさんはこの至聖所に隠れ、生き残ったエロヒムたちから隠れるための儀式を中に居たクリーチャーみたいな奴(多分天使)にさせ続けて居た。という顛末です。じゃあベリリウムどこで出るんだよと言うと、至聖所内部の儀式やる部屋の隔壁がベリリウム製です。この隔壁がyehomを他の生き残りのエロヒムたちから隠し/守り、もし無くなればXKクラスが起こります。

SCP-1427(意識剥奪の石碑)

SCP-1427は特徴のない14m×2m×2mのベリリウム青銅製の石碑です。

意識剥奪の柱とも言われてますが原題が「Extinguishing Stele」でSteleが柱でも石碑でも通るのでまあ訳揺れですね。まんまベリリウムで出来た石碑です。こいつは食らうと意思能力が無くなったり洗脳されやすくなる電磁パルスを滅多打ちする柱です。1348の項で書いてた歴史に依ればヒト亜種(descensus)がホモサピのご先祖様(idaltu)を操るために使ってたっぽいです。エネルギー源は付近の核分裂などから勝手に吸い取ってます。エロヒムたちはyehomさん含めて放射性お漏らししてるので(なので至聖所内部の部屋から放射線が出てる)奴等が居た時代に置いとけば無限起動です。ついでに考古学的な調査によればdescensusたちの築いてた文明の遺物もベリリウム製の物があったみたいです。

SCP-1564(涅槃の後)

SCP-1564は長さ1.4メートル重さ216キロの6つの卵型オブジェクトで、SCP-1564-1から-6に指定されます。基本的に真鍮とベリリウム青銅、そして少量の金で造られています。

これちょっとよくわからないんですけど、MEKHANEの崇拝者(メカニト)が瞑想とかしまくって至った境地じゃないかなぁと思います。-5に描かれた一人の人間が機械化し、最終的に卵になってるパターンや、明らかにMEKHANE崇拝に関わってる要素、また名前の涅槃(原題でNibbanic)とは煩悩の無い状態、つまり悟りを意味しているので、メカニトが信仰の果てに至る姿だと推定されます。ディスカッションの作者コメントにも瞑想がどうとかなんとかかんとか言ってたので(よくわかりませんでしたが)そうだと思われます。壊れた神の教会にも関連あるようですが、メカニトの一分派が壊れた神の教会なので当然っちゃ当然ですね。誤解しないで貰いたいのは、壊れた神の教会はメカニトの性質をそのまま引き継いでるわけではないという点です。プロトサーキックとネオサーキックくらい違います。壊れた神の教会の中の歯車仕掛正教という分派は体を改造してサイボーグ化してますが、1564で見られるような機械化はそれとは異なってます。多分信仰とかでバババーッと変わってます。なので往来の"正しい"メカニトの機械化にはベリリウム銅が含まれるのだと思われます。

2481&2711&2847
2481と2711と2847についてはこのブログの別の記事で書いたので省略します。
SCP-2481-2(軒轅の剣)はベリリウムと青銅から構成されてます。軒轅(黄帝)が作ったわけではなく、伏羲(MEKHANE)に授かった知識を基に夏王朝で造られた神殺しの兵器です。スクラントン現実錨に似てるらしく、要はどくさいスイッチみたいな作用をもたらす一回こっきりの現実改変兵器です。
2711は水を鉄みたいな硬さにする針で、伏羲の針であり禹王が鍛え直したらしいです。メカニト文明の夏王朝の初代皇帝の禹王が"鍛え直した"ということはそれ以前からあったということですかね?ひょっとしてMEKHANEの破片?まあ2711はベリリウムで作られてるわけではないですけどね。2711は定海神針の上から如意棒と書かれており、仏僧の格好した猿が持ってるところを発見されたんですが(つまり西遊記ネタですね)、その猿は中国河南省の山の湖を2711-1にして窒息してました。その湖の底には井戸があり、その中にベリリウム合金の壊れた鎖と錠が見つかりました。
2847では2847-2(鯀)の延命のために脊椎にベリリウム青銅の釘が7つ刺されています。この釘についてはわかりません。禹王が鍛えた針と同一のものにも思えますが、伯益のコピーAIがそれを「針」、鯀の背中に刺さってるのを「釘」と言ってるので別物と見て間違いないでしょうね。

スクラントン現実錨(SRA)
SCP-2000内にあったスクラントン現実錨(SRA)の記述に依ると、本体と内部の回路の大部分がベリリウム合金から作られてます。耐腐食性だかららしいです。スクラントン現実錨は周りの現実を安定させるので現実改変が起こしづらくなります。


使われ方
至聖所においては、yehomを他のエロヒムから隠したり守ったりする役割を負う隔壁がベリリウムで作られてます。意識剥奪の石碑など、descensusたちの遺物がベリリウムで作られていたので、彼らの文明での主要金属であったと思われます。
涅槃の後では、MEKHANE崇拝者が何らかの異常な方法で身体を機械化させた時にその金属部分にベリリウムが含まれることがわかります。
軒轅の剣はスクラントン現実錨と似た、現実性に関わる兵器ですが、ベリリウムが現実改変やそういった事に必要かどうかで言えばあまりそういう風でも無さそうです。ヒューム周りの情報を整理してないので間違ってるかも知れませんが、スクラントン現実錨のベリリウムは耐腐食性故に使われてるだけっぽいですし、また軒轅の剣の他のMEKHANE由来の現実改変兵器として挙げられる巨像がベリリウム使われていないことから、MEKHANE由来の技術が現実性の強さに関係しているのかもしれません。MEKHANEとベリリウムが関係してるなら間接的にベリリウムと現実性関係してるんじゃね?という気もしますけどね。
夏王朝関係(夏王朝はMEKHANE崇拝です)のベリリウムグッズで謎の錠と鎖、それから「釘」がありますがここら辺に関しては情報がかなり少ないです。錠と鎖は何かを封印するもの(多分)、「釘」は延命手段。サッパリですね。孫悟空の居た湖の中の井戸に何らかが錠と鎖で封印されてたとかですかね?ねことか?それはそれとしてなんで孫悟空そんなとこで死んでるんだ?という感じです。もしかしたら2847と似たようなパターンで井戸の中に封印された奴をさらに水の牢獄で封印してたけど孫悟空は死んだので逃げ出されたとかそういう?よくわかりません。
SCP-073(カイン)は旧約聖書に登場するアベルとカイン兄弟のカインと目されていますが、体の一部が金属に置き換わっているのは旧約聖書の記述とは関係ありません。あと記憶能力。他の反射とか腐食とかはそれと思しき部分はあるので、記憶と金属はどこから出てきたのか不明です。一応カインの子孫のトバルカインは金属を初めて鍛えた鍛冶の始祖と言われてますし、カインの名前自体も鍛冶屋みたいな意味ですけど…。涅槃の後に関してMEKHANE崇拝者の機械化に際して体の部品にベリリウムが含まれると予想しましたが、それならカインもMEKHANE崇拝者?ならスゲーですね。ピラミたちも金属集める奴らなのでMEKHANEと繋がりあるかもしれませんし、ベリリウムとMEKHANEが関係していると思われます。
それならdescensusとかいう奴らもメカニト?という感じもありますがdescensusはエロヒムたちがインテリジェントデザインしてますしエロヒム崇拝だった可能性もあるのでそれだとMEKHANEがエロヒムの一柱?まあ絶対ないとは言いませんがあんまり無さそうです。
カインがdescensus文明と接触してたというのは無さそうですね。そもそもエロヒムヤハウェ(聖書の神)の別名ですし(イエスも死ぬ前に呼んでましたね)、yehomはヤハウェを表してるので、至聖所カノンではそもそも神格を交えた進化論が起こったのを後世の人間が聖書にした。という設定だと思います。カインたち旧約聖書カノンは実際に書かれた通りのことが起こったという設定なのかはわかりませんが、もし二つのカノンを複合させるならdescensusがベリリウム銅を用いた文明を作る→ヤハウェが裏切る→ヤハウェが助け出したホモサピのアダイブが追放される→アダイブがカインとアベルを作る→カインがアベルぶっ殺したのでヤハウェがカインを呪ってにゃにゃーんとする→カイン。みたいになるので時系列的にちょっと…。となります。眠くなってきた。

 

総括
・MEKHANEとベリリウムは繋がりがある
・MEKHANEの授けた技術を使う時にベリリウムを使うことがある
・MEKHANE崇拝者が信仰の果てに至る機械化に際して金属部分にベリリウムが含まれる(かも)
→カインはメカニト?
・descensusたちの文明ではベリリウムが使われて居た。

・少なくともエロヒムと呼ばれる神格の妨害になる。

 

 

結局のところよくわかりませんでした。ディスカッションとかフォーラムとかにベリリウム周りの設定がちゃんと書かれてるかもしれませんが、英語が苦手なのでかなり厳しいです。ディスカッションページで作者の発言見つけてコピってGoogle翻訳に突っ込むくらいしかできないです。お前はいつもそうだ。

 

http://ja.scp-wiki.net/scp-073
by Kain Pathos Crow
http://ja.scp-wiki.net/scp-1216
by DrBerggren
http://ja.scp-wiki.net/scp-1348
by ophite
http://ja.scp-wiki.net/scp-1427
by ophite
http://ja.scp-wiki.net/scp-1564
by Communism will win
http://ja.scp-wiki.net/scp-2481
by SunnyClockwork
http://ja.scp-wiki.net/scp-2711
by SunnyClockwork
http://ja.scp-wiki.net/scp-2847
by SunnyClockwork
http://ja.scp-wiki.net/scp-2000
by FortuneFavorsBold

この記事ははクリエイティブ・コモンズ・ライセンス-表示-継承 3.0(CC-BY-SA)の元で書かれています。